妊娠12週 便秘

妊娠12週の気になる便秘

妊娠12週 便秘

妊娠も12週目(5ヶ月)に入ると、ひと段落した安定期と言われます。
この時期になると安産祈願として腹帯を巻いて、戌の日に神社にお参りをする風習があります。

 

そして、おなかの中の赤ちゃんの身体もしっかりし、お母さんは今まで以上に強い胎動を感じるようになります。

 

この時に気になってしまうのがお母さんの便秘です。

 

妊娠中には、おなかの中の赤ちゃんを育てるために、お母さんの身体には
黄体ホルモンと呼ばれるホルモンがたくさん分泌されます。

 

黄体ホルモンの働きはお母さんの身体の中にある栄養や水分を羊水の中にいる
赤ちゃんに、たっぷり渡してあげる重要な働きを助けます。

 

しかし、この働きでお母さんの大腸の水分が少なくなってしまって、便秘になりやすくなってしまいます。
そのため、黄体ホルモンは別名で不通ホルモンとも呼ばれています。

 

妊娠12週の便秘を解消するには?

妊娠中は黄体ホルモン(不通ホルモン)が妊娠前に比べると大量に分泌されます。

 

おなかの赤ちゃんが大きくなるほど分泌量も増えて最大で妊娠前の20倍の量が分泌されます。

 

そのため、妊娠12週で便秘のことを病院に相談するとマグラックスという薬を処方されます。

 

マグラックスは、おなかの赤ちゃんに影響がないということで、病院から処方されますが薬である限り
お母さんの体質によっては軽い副作用は避けられません。

 

また、飲み慣れてしまうと下剤と同じように身体に耐性ができてしまい、マグラックスの効果が下がることや
重大な副作用の事例で報告されている高マグネシウム血症を併発する可能性もあります。

 

 

お母さんにも、おなかの赤ちゃんにも負担をかけないで妊娠12週の便秘を解消する方法は、
自然な形で大腸本来の健康な働きを活性化させる善玉菌(ビフィズス菌)を増やすことです。

 

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれていることでも有名ですが、食べ物の中に含まれると全体の含有量は
決して多いとは言えません。

 

しかし、それ以上に効果が高いと言われているのが、腸の中にいるビフィズス菌の養分となるオリゴ糖
摂取することです。

 

養分となるオリゴ糖を吸収した腸内のビフィズス菌は、動きが活発になり細胞分裂で数が増えていきます。

 

そして、オリゴ糖食品の中でも、特に注目を集めているのがオリゴ糖の割合が90%以上の基準をクリアした
高純度オリゴ糖食品と呼ばれている食品です。

 

妊娠12週 便秘日本で1番売れている高純度オリゴ糖食品はコチラ

 

赤ちゃんにも安心な妊娠12週の便秘改善に高純度オリゴ糖食品

妊娠12週

高純度オリゴ糖食品のカイテキオリゴのオリゴ糖は、母乳や粉ミルクにも
含まれている天然成分なので妊娠中のお母さんや生まれたばかりの赤ちゃんや
お年寄りの方の便秘解消にも安心して使えます。
そして、薬ではなく食品なので副作用などが一切無いので妊娠12週で便秘に
悩まれている方も安心してご利用になれます。

 

1日に約84円という価格の手頃さと、冷たい飲み物にも溶けやすく
熱でも成分が変わらずに料理に加えて使えるという手軽さがあります。

 

妊娠12週 便秘

このように、1日1回、5gをミルクココアに入れて使ってますが、粉末は溶けやすく
オリゴ糖のカイテキオリゴを入れたからと言って、甘すぎることはありません。
また、カイテキオリゴの100g当たりの栄養成分表示は
エネルギー:207kcal、炭水化物:93.1g、たんぱく質:0.0g
ナトリウム:3mg、脂質:0.5g
で砂糖の1/4程度甘みと言われています。

 

毎日、ヨーグルトを買って食べるよりも経済的で、効果の高いカイテキオリゴは
たくさんの妊婦さんや女性芸能人の方なども便秘対策に愛用されていて自身のブログでも
紹介してています。

 

カイテキオリゴの詳細はコチラ

 

安定期と言われる妊娠12週目に入ると今まで以上におなかの赤ちゃんの動きが活発になります。
妊婦さんは赤ちゃんを育てるための黄体ホルモン(不通ホルモン)が大量に分泌されていて便秘になりやすい体質になっています。
しかし、妊娠12週目頃の便秘からおなかの赤ちゃんに影響があるかもしれないと心配になってしまいます。
また、妊娠12週目頃の便秘を病院に相談すると大半の産婦人科がマグラックスという薬を出してくれます。
しかし、マグラックスは薬なので人によっては体質に合わなかったり副作用を感じる方もいます。
妊娠12週頃の便秘改善でお母さんにも、何より赤ちゃんにも優しい方法は、自然な形で大腸内の細菌で善玉菌と呼ばれるビフィズス菌を増やすことです。
腸の中で善玉菌が増えて元気になると大腸自体の運動力が上がって便秘が解消されます。
大腸の中のビフィズス菌を増やすのに効果のある栄養分はオリゴ糖と呼ばれる成分です。
オリゴ糖は大腸の中に入ったら善玉菌(ビフィズス菌)のエネルギーになります。
さらには、オリゴ糖が含まれた食品の中でオリゴ糖の含有率が90%以上ある高純度オリゴ糖食品のオリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)を増やすのに効果があります。
そのため、便秘解消に即効性が高いことでも注目されています。
カイテキオリゴのオリゴ糖は母乳や粉ミルクにも含まれている天然成分なので妊婦さんだけでなく、赤ちゃんからお年寄りまで幅広くご使用になれます。
また、薬の用に効果が出だしたら腹痛が起きるようなことがないので、妊娠12週で便秘に悩まれている方にも安心です。


このページの先頭へ戻る